BLOG

おすすめ記事

グッドスピード広報

RAV4のサイズ(ボディ・室内・ラゲッジ)はどのくらい?RAV4とライバル車を比較!RAV4の魅力はここ

RAV サイズ

RAV4のサイズ(ボディ・室内・ラゲッジ)はどのくらい?RAV4とライバル車を比較!RAV4の魅力はここ

さまざまなボディタイプの車があるなか、近年幅広い年齢層から人気車種として注目されているのがSUVです。
以前、SUVはオフロード車として限られた分野での車というイメージでした。
しかし、気軽に街乗りができるSUVの先駆けとして、1994年に初代が発売されたのがトヨタRAV4です。
RAV4は、老若男女問わず快適に乗れるため、SUVの購入を検討する際に外せない車となっています。
今回は、安定した人気を誇るRAV4のボディや室内、ラゲッジなどのサイズやその魅力について解説していきます。

目次

RAV4の概要

スタイリッシュな外装
安全性能・走行性能

RAV4のボディサイズ

ボディサイズ
室内サイズ
タイヤサイズ
最小回転半径

初代RAV4とのサイズの違いは?

ボディーサイズの違い
室内サイズの違い

RAV4が向いている方

レジャーにも通勤通学にも車を使う方
長距離移動をする方
運転に自信はないけれどSUVに乗りたい方

RAV4と他メーカーSUVのサイズと内装を比較

マツダCX-5
スバルフォレスター
トヨタ ハリアー

まとめ

RAV4の概要

RAV4は、トヨタから販売されているクロスオーバーSUVです。
トヨタから販売されているSUVはいくつかありますが、現行車で5代目となるRAV4は、トヨタを代表するSUVとなっています。
4代目は、海外専売車であり、5代目が日本で再び販売されることとなりました。
トヨタを代表する車のひとつといっても過言ではないRAV4は、あらゆる魅力を兼ね備えたSUVです。
以下で詳しく解説していきます。

スタイリッシュな外装

RAV4は、さまざまなシーンに合わせたスタイルを持つ、力強く大胆なSUVデザインが魅力です。
グレードは、3パターンから構成されています。
よりオフロードを想起させる「Adventure」都会的な「G・Xグレード」、スポーティかつエレガントな雰囲気を身に纏った「Z」から選択可能です。

安全性能・走行性能

SUVといえば、燃費の悪いイメージが否めません。
しかし、RAV4には、ガソリンとハイブリッドがあり、両車ともに力強い走りと優れた燃費性能を両立させています。
ガソリン車には2.0L直列4気筒エンジン、ハイブリッド車には進化を続ける2.5Lハイブリッドシステムが搭載され、優れた動力性能と低燃費を実現しました。

RAV4のボディサイズ

車の購入を検討する際、ボディタイプをはじめ外装や内装、ボディカラーなどさまざまな視点から自分に合った車選びをします。
しかし、自分の欲しい車が保管場所に入らなかったり、自宅までの道路幅が狭く走行に不安があったりなどの理由から、ボディサイズは車選びの重要なポイントの1つとなります。
それでは、RAV4のボディサイズや室内サイズなどさまざまな寸法について解説していきます。

ボディサイズ

RAV4のボディサイズは下記の通りです。
・全長 4,600mm-4,610 mm x 全幅 1,855mm-1,865 mm x 全高 1,685mm-1,735 mm
オフロードとしての要素を持ち合わせた「Adventure」は他のグレードより一回り大きなサイズとなっています。
トヨタの大型SUVであるランドクルーザープラドに比べるとコンパクトサイズのSUVですが、コンパクトさを感じさせない存在感のあるSUVです。

室内サイズ

SUVの中では、ミドルサイズのRAV4ですが、室内サイズは狭さを感じさせない大きさとなっています。
RAV4の室内サイズは下記の通りです。
・室内長1.890mm×室内幅1.515mm×室内高1.230mm
RAV4の室内空間の魅力といえば、パノラマムーンルーフ(Adventure、“Z package”、G、HYBRID Gにメーカーオプション)です。
大型のサンルーフにより後部座席からは空を駆けるような景色が一面に広がります。
この効果により、開放感を味わうことが可能です。

タイヤサイズ

RAV4は、街乗りにもレジャーにも快適に使える車ですが、タイヤはSUV用のタイヤが装着されています。
RAV4の基本のタイヤサイズは下記の通りです。
グレード タイヤサイズ
X 225/65R17
G 225/65R17
Adventure 235/55R19
Z package 235/55R19

最小回転半径

最小回転半径とは、ハンドルを最大限に切って旋回したとき、1番外側のタイヤの中心が描く円の半径のことをいいます。
最小回転半径の数値が小さいほど、小回りが効く車であるという基準となるのです。
RAV4の場合、AdventureとZ packageが5.7m、XとGが5.5mとなっています。
大型SUVであるランドクルーザープラドが5.8mで数値だけみるとあまり変わらないと感じますが、車に関する寸法での10cm〜30cmは大きさ差があるため、RAV4が小回りの効くSUVであることがわかります。

初代RAV4とのサイズの違いは?

初代から5代目となるRAV4ですが、それまでの間にはさまざまな改良やデザイン、ボディサイズなどが変化しています。
初代RAV4は、街乗りにもレジャーにも使えるSUVの先駆けとして絶大な人気を誇りました。
それでは、現行車とどのくらいボディサイズや荷室サイズが違うのか見ていきましょう。

ボディーサイズの違い

現行のRAV4は、初代RAV4 に比べると全体的に一回り大きくなっています。
寸法 RAV4 RAV4(初代)
全長 4,600mm-4,610 mm 3,705mm(3ドア)4,115mm(5ドア)
全幅 1,855mm-1,865 mm 1,695mm-1,760mm(Gタイプ)
全高 1,685mm-1,735 mm 全高1,645mm -1,660mm
特に、全幅は最大160mm大きくなっているため、駐車スペースの狭い場所では初代RAV4は駐車できても現行のRAV4では難しいこともあるため事前に採寸しておきましょう。

室内サイズの違い

次に、現行のRAVと初代RAV4の室内サイズの違いを見ていきます。
寸法 RAV4 RAV4(初代)
全長 1.890mm 1.645mm
全幅 1.515mm 1.435mm
全高 1.230mm 1.195mm
室内サイズもボディサイズ同様、一回り広くなっています。
乗車定員は変わりませんが、室内サイズは広くなったため、長時間のドライブでも窮屈さを感じることはありません。

RAV4が向いている方

クロスオーバーとは、都市型SUVという意味であり、RAV4は、クロスオーバーのなかでも不動の人気を誇っています。
それでは、幅広い年齢層から注目されているRAV4が、どのような方に向いているのか挙げていきます。

レジャーにも通勤通学にも車を使う方

RAV4は、大人5人乗っても快適なドライブが楽しめるうえ、通勤通学に加えて週末や休日にはアウトドアやレジャーの場面にも活躍してくれます。
RAV4は、車を利用する趣味と普段の生活の両方に使う方にぴったりのSUVです。

長距離移動をする方

RAV4は、ガソリン車、ハイブリッド車ともに、力強い走りと優れた燃費性能を両立させました。
また、クラストップレベル580Lの容量を確保したラゲッジルームは荷物が多くなる旅行にもぴったりです。
長距離移動をする方にとって、家計にも優しく快適なSUVとなっています。

運転に自信はないけれどSUVに乗りたい方

RAV4には、夜間の歩行者や昼間の自転車も検知し、ぶつからないをサポートしてくれるプリクラッシュセーフティやガラスや壁などの静止物を検知して、衝突被害の軽減に寄与してくれるパーキングサポートブレーキなど運転をサポートしてくれる機能が搭載されています。
運転には自信はないけれどSUVに乗りたい方でも安心して乗ることが可能です。

RAV4と他メーカーSUVのサイズと内装を比較

RAV4は、外装や内装以外にもあらゆる面で魅力のあるSUVです。
しかし、車選びをする際、他メーカーのサイズや内装も気になります。
それでは、RAV4と他メーカーSUVのサイズと内装を比較していきます。

マツダCX-5

RAV4 CX-5 サイズ画像

マツダのクロスオーバーといえばCXシリーズです。
なかでもCX-5は、こだわり抜いた室内空間とシート素材には、しっとりとしたなめらかな感触のナッパレザー、またパネルには本物の木を素材とする「本杢」加飾にすることで、温かさとモダンさを併せ持つ上質な空間を演出しています。
一般的なグレードの室内寸法は、1.890mm×1.540mm×1.265mmとRAV4と似た広さとなっています。

スバルフォレスター

RAV4 フォレスター サイズ画像

独創的な車が多いスバルの原点は、飛行機製造から始まった車づくりにあるといえます。
スバルから販売されているクロスオーバーであるフォレスターの内装も冒険心を刺激する、
機能的なデザインと磨き抜かれたクオリティとなっています。
室内寸法は、2.410mm×1.545mm×1.275mmとRAV4に比べるとボディサイズも室内も一回り大きなSUVです。

トヨタ ハリアー

RAV4 ハリアー サイズ画像

トヨタを代表するミドルサイズのクロスオーバーSUVがトヨタハリアーです。
ハリアーの内装は、RAV4に比べるとエレガントに演出され、大人のさりげないセンスに彩られたビジネスでもプライベートでも違和感なく過ごせる空間を醸し出しているのです。
ハリアーの室内寸法は、1.880mm×1.520mm×1.215mmとRAV4より少しだけ狭くなっています。

まとめ

RAV4は、1994年の発売以来進化し続けてきたトヨタを代表するクロスオーバーSUVです。
内装はグレードごとにコンセプトが違いますが、ボディサイズや室内寸法はほとんど同じサイズなので、雰囲気や好みに合ったグレードを選択できます。
一方、駐車スペースや荷室スペースなどRAV4の購入を検討する際には、外装や内装だけでなく快適に使いこなせるかという点もチェックしておきましょう。
RAV4の内装はこちら

よくある質問

Q1.駐車場スペースはどのくらい必要?

RAV4はSUVなので、ミドルサイズとはいえ一般的な車に比べると広い駐車スペースが必要です。
立体駐車場であれば、全長5,000mm未満、全幅1,850mm未満、全高1,550mm未満、重量2,000kg未満を確保しましょう。

Q2.どのくらいの大きさの荷物が積める?

RAV4のラゲッジは、580Lの大容量で荷物が多いという方でも安心です。ゴルフバックであれば、最大4個まで収納できます。

記事一覧はこちら
  1. 2023年もグッドスピードをよろしくお願いいたします!

    2023年 新年あけましておめでとうございます。
    本年もグッドスピードをよろしくおねがいいたします。

    グループ総在庫台数4,000台超の中から、きっとあなたにピッタリの1台が見つかります!
    人気車種の中古車から登録済未使用車まで幅広くご用意しています。

    ★コロナウィルス感染症対策のため、ご来店予約をいただくと安心です。
    ★リモート商談にも対応しております!ご自宅からも気になる車両があれば商談対応いたします!!

関連記事