BLOG

おすすめ記事

グッドスピード広報

中古車購入はどれくらいの予算が必要?購入する際の留意点と予算に応じた車選びを解説

中古車購入の予算

中古車購入はどれくらいの予算が必要?購入する際の留意点と予算に応じた車選びを解説

車選びの際に「新車は高いから、中古車で安く抑えたい」「中古車の方が種類・価格が多様だから自由に選べる」と考える方もいるでしょう。
ただ中古車の価格帯には幅があり、同じ年式であっても前の利用者の使い方で大きく変動します。
また仕入れ先やオークションによっても異なるため、一概にいくらと設定しづらいと言われています。
そのため中古車を購入する場合、車両価格の相場を把握し、購入時の注意点も念頭におくことが重要です。
購入後に後悔しないためにも、目的に応じた予算額を設定するのがよいでしょう。
今回は、中古車価格の相場と予算の設定方法について解説しています。
本記事を通して正しい予算の設定方法を知り、後悔しない中古車選びを行いましょう。

目次

中古車の相場とは?

軽自動車
コンパクトカー
SUV
ミニバン
ハイブリッドカー

中古車を購入する前の留意点

年式の新しい車を選ぶ
走行距離を必ず確認する
修復歴をチェックする
車の維持費を考慮する

予算に応じた中古車選び

予算20万円以下の車選び
予算30万円程度の車選び
予算50万円程度の車選び
予算100万円以上の車選び

中古車を購入する際の予算は50万円~100万円の間が狙い目?

リセールバリューを考慮に入れ、予算を決めることも選択肢としてある

まとめ

 

中古車の相場とは?

中古車は新車と異なり定価はなく、相場にも幅があります。
例え同じ車種であっても、前のオーナーがどう使うかで状態が異なるのが要因で、価格はおもにオートオークションを経由して、需要と供給のバランスで決まります。
つまり人気車かどうかが価格を左右するのです。ここでは自動車のタイプ別に相場を紹介します。

軽自動車

軽自動車のなかでも最大級の室内空間を実現した軽スーパーハイトワゴンは、スライドドア採用の車種もあり人気です。
ダイハツタントの価格は平均118万円で、ホンダN-BOXの価格は平均102万円です。
ただし、年式の古い中古車の価格は20万円程度に下がり、逆にドライブレコーダーなどの装備付き軽自動車は200万円近くに跳ね上がります。

コンパクトカー

コンパクトカーは使い勝手のよさや、街乗りを主に考えている方に人気です。
なかでも人気なのは日産ノート・トヨタヴィッツ・ホンダフィットです。
ノートは20万円〜180万円台で幅があります。
ヴィッツが20万円〜150万円、フィットは20万〜180万円です。
車検が切れている車は、比較的安価です。
一方で車検が切れて安くてものちのち車検を受ける必要があり、いずれお金はかかります。
ただ、たとえそうであっても純正ナビやモニターが搭載された中古車は人気です。

コンパクトカーの中古車一覧

SUV

SUV車は、街乗りからレジャーなど幅広い用途で乗りたい方に人気です。
なかでもホンダヴェゼルはフィットに似た仕様で、シートアレンジが可能です。
平均価格は約193万円で、近年上昇しています。
 
トヨタC-HRも人気が高い車種で、平均約232万円です。
オプションの有無や人気グレードかどうかで価格は変動します。
70万円〜350万円程度と幅があるため、装備や走行距離を確認しましょう。
 
 

ミニバン

ミニバン人気車種のトヨタヴォクシーは、平均価格約233万円、日産セレナは約260万円です。
ただしヴォクシーは40万円〜320万円、セレナは10万円台〜340万円程度と幅があります。
またホンダステップワゴンは、23万円台〜355万円台です。
同じ年式でも走行距離や車検の有無、人気グレードかどうかで価格は変わります。

ミニバンの中古車一覧

 

ハイブリッドカー

低燃費の車を選びたい方に人気なのが、ハイブリッドカーです。
ハイブリッドカーの中古車を検討している方は、アクアとプリウスの価格は必ず確認しておきましょう。
 
アクアは約30万円〜210万円、プリウスは約38万円〜320万円程度となっています。
スポーツタイプになると年式3年落ち程度でも、高年式の中古車より高価格で設定されている場合があります。
 
ハイブリッドカーの中古車一覧

 

中古車を購入する前の留意点

中古車の相場が分かったところで、改めて予算を決めます。
しかし購入の際、何を基準にチェックするのか、留意点などを念頭におく必要があります。
本章で確認しましょう。

年式の新しい車を選ぶ

中古車のコンディションを確認する方法として、年式は重要なポイントです。
「とにかく安い車でいい」といっても、年式が古ければ維持費がかさむでしょう。
また古い車の場合は、修理の際に純正パーツの調達が難しい場合があります。
 
年式はおよそ3年、5年、7年落ちがよいといわれます。
車検時期を加味し手放す人が多いため、在庫が豊富になるからです。
なかでも5年目の車は状態がよく比較的安価に設定されています。
 
 

走行距離を必ず確認する

見た目で判断せず走行距離を確かめましょう。
年式が新しくても走行距離が多ければ、故障の確率が高くなります。
たとえ前オーナーの乗り方がよく外観や内装がきれいでも、経年劣化は免れません。
走行距離と年式のバランスで、年間1万km以内がベストな走行距離といわれています。

中古車の走行距離についてはこちら

修復歴をチェックする

どのような車であれ維持費はかかります。
維持費とは、税金・保険料・検査費用・燃料代・駐車場代・通行料、場合によってはローンの支払いなどです。
年式が古く走行距離も多ければ、車両価格は安く抑えられます。
しかしその後の維持費がかかれば、総合的なコストパフォーマンスで劣るでしょう。
予算を設定する際も、維持費は念頭におきましょう。

中古車の修復歴についてはこちら

車の維持費を考慮する

どのような車であれ維持費はかかります。
維持費とは、税金・保険料・検査費用・燃料代・駐車場代・通行料、場合によってはローンの支払いなどです。
年式が古く走行距離も多ければ、車両価格は安く抑えられます。
しかしその後の維持費がかかれば、総合的なコストパフォーマンスで劣るでしょう。
予算を設定する際も、維持費は念頭におきましょう。

中古車の維持費についてはこちら
SUVの中古車維持費についてはこちら

 

予算に応じた中古車選び

相場や留意点を確認したところで、実際の予算額に応じた中古車を紹介します。

予算20万円以下の車選び

20万円以下の中古車は、年式は10年以上前のものが多いです。
ただし留意点であげたように、購入後の維持費・修繕費が必要になるかもしれません。
20万円以下の車を購入する場合は、メンテナンスの具合を確認しましょう。

予算30万円程度の車選び

予算を抑えるにしても10年落ちの車で心配な方は、最低ラインとして30万程度の中古車を選びましょう。
30万であれば10年未満の比較的新しい車があります。
人気車種や車体色の選択肢も増えるでしょう。

予算50万円程度の車選び

予算50万円であれば軽自動車やコンパクトカーを始め、年式が新しく走行距離が少ない中古車を選べます。
あるいはセダンやワゴン、場合によってはハイブリッドカーも可能でしょう。
小型車で高いグレードの中古車も選べます。

予算100万円以上の車選び

予算100万円以上となれば、中古車だけでなく新車も視野に入ります。
しかし新車では低グレードの車しか選べません。
中古車なら、高年式の車やハイブリッドカーも対象になります。
あるいは新車で購入をあきらめた輸入車も選択肢に入るでしょう。

 

中古車を購入する際の予算は50万円~100万円の間が狙い目?

中古車購入の予算は購入後の維持費や選択の幅などの視点で、50万円から100万円が狙い目です。
予算設定20万円以下や30万円程度の中古車では、選べる車種やグレードが限られてきます。
また維持費やメンテナンスの面で、コストパフォーマンスがいいとはいえません。
予算50万円の場合、機能性も含めて選択の幅が広がります。
ETC搭載器やキーレスエントリーなどの装備が付いている車もあります。
年式も新しく比較的きれいな車に出会える可能性が高いです。
50万円の予算で高年式を求める場合、軽自動車かコンパクトカーになります。
購入後の維持費やメンテナンスと価格のバランスを考えるなら、50万円の中古車は狙い目でしょう。

予算100万円では新車も視野に入りますが、実際は選択の幅が狭まります。
中古車で100万円の予算があれば、年式の新しい車や軽自動車以外の人気車種(ハイブリッドカーや電気自動車など)を選べるでしょう。
予算150万円では新車の場合、軽自動車だけでなく日産ノートやホンダフィットも対象に入ります。
中古車では、高年式のSUVやミニバン、輸入車の購入も可能です。
ただ、車種にこだわりがない場合は予算150万円は100万円に比べてメリットを感じにくいでしょう。

このように予算設定をすれば、新車と中古車の費用感が分かり自分の好みや価値観が見えてきます。
いずれにしても同じ予算の場合、中古車なら選択肢が広がります。
とくに車種やタイプにこだわりがない場合は、50万円~100万円を予算設定の基準にしましょう。

 

リセールバリューを考慮に入れ、予算を決めることも選択肢としてある

リセールバリューとは、購入した車の再販価値を示します。
リセールバリューが高い車は買取や下取り価格が高額になります。
 
リセールバリューの高い車を選びタイミングよく手放せば、実質的な費用を安く抑えられるのです。
中でもSUVは人気がありリセール価格が高い種類に入ります。
海外で高い評価を集める車種であれば、5年落ちや7年落ちの車であってもリセールバリューが高くつきます。
 
中古車の購入で「お得な買い物」をしたい場合、リセールバリューの高い車を選ぶのも一案です。
たとえば、同じ200万円の車を購入したときの例で比べてみます。
 
200万円の新車を12年乗車し1回買い換えて再び12年乗るとします。
計400万円です。
リセールバリュー60%の中古車を購入し8年ずつ2回買い換えたとします。
120万円×3で計360万円です。
 
さらにリセールバリュー50%の中古車を購入した場合は、2回買い換えたとして100万円×3で計300万円となります。
結果、新車で400万、リセールバリュー60%の中古車で360万、リセールバリュー50%の中古車で300万円。
 
中古車で買い替えを検討した方が実質費用を安く抑えられるのが分かります。
その際、意識したいのがリセールバリューです。
購入時は車を手放すことを見通し、リセールバリューの高い車種を選択肢に入れましょう。
 

 

まとめ

中古車を購入する際は、相場を認識したうえで購入時の確認事項や購入後の維持費なども考慮します。
中古車は新車より車の選択肢が広がります。
安心安全を第一に、自分の目的にそって無理のない予算を立てましょう。
 
またどうしても欲しい車(新車)が高価で手に入れられないとき、中古車での購入を視野に入れてみます。
予算と希望の両方のバランスを考え、よりよい車選びをしましょう。
  1. 秋の大感謝祭セール開催

    日ごろの感謝を込めて 秋の大感謝祭セール開催
    期間: 2022/10/01~2022/11/30

    グループ総在庫台数3,000台超の中から、きっとあなたにピッタリの1台が見つかります!
    人気車種の中古車から登録済未使用車まで幅広くご用意しています。

    ★コロナウィルス感染症対策のため、ご来店予約をいただくと安心です。
    ★リモート商談にも対応しております!ご自宅からも気になる車両があれば商談対応いたします!!

関連記事