BLOG

おすすめ記事

グッドスピード広報

中古車購入時の自賠責保険はどうする?乗り換え時や自分で名義変更する方法も詳しく解説!

中古車購入 自賠責保険

中古車購入時の自賠責保険はどうする?乗り換え時や自分で名義変更する方法も詳しく解説!

自賠責保険は自動車を運転する上で必ず必要な保険です。
新車購入時であればお店で加入手続きも一緒にしてもらうことが多いものの、中古車として購入する場合はどうなのでしょうか。
また、乗り換えの場合は自賠責保険がどうなるのか気になる方も多いのではないでしょうか。
本記事では、自賠責保険の詳細や、中古車を購入する際の自賠責保険の加入方法、乗り換え時の手続き方法などを詳しくご紹介していきます。

目次

中古車に必要な保険

自賠責保険
任意保険

中古車購入時には自賠責保険加入が必須

自賠責保険にかかる費用
自賠責保険に加入できる場所
自賠責保険加入に必要な書類
自賠責保険の補償内容
自賠責保険に加入するタイミング
未経過分相当額とは?

乗り換えで中古車を購入する場合の自賠責保険について

中古車購入時に自賠責保険の名義変更を自分でする方法

名義変更に必要な書類
名義変更のタイミング

中古車購入時の自賠責保険に関するQ&A

Q.もし自賠責保険に加入せずそのまま乗り続けるとどうなるの?
Q.自賠責保険の名義変更をしていないとどうなるの?

まとめ

中古車に必要な保険

中古車に必要な保険は、基本的に新車と同様、
・自賠責保険
・任意保険
2つの保険に加入する必要があります。
それぞれ内容や補償範囲が異なりますので、詳細をご紹介していきます。

自賠責保険

自賠責保険は、自動車を所有する上で加入が義務付けられている強制保険です。
自賠責保険では対人や同乗者に対しての補償は行われるものの、運転者(加害者)への補償がないため、必要最低限の自動車保険と考える必要があります。
また、補償金額の上限が決められており、料金も全国で一律とされています。
基本的に自賠責保険は、その車が存在する限り解約ができないため、保険期間が残っている場合、買取業者や買手が名義変更して引き継ぐかたちとなるのも大きな特徴です。

任意保険

任意保険は必ず加入しなければならない保険ではありません。
ただし、任意保険は自賠責保険に比べて支払われる保険料が多かったり、補償範囲が広かったりするため、万が一交通事故を起こした際に自賠責保険で賄いきれない部分をカバーできます。
例えば自賠責保険の場合、補償対象が対人の傷害・後遺障害・死亡であるのに対し、任意保険だと対人・対物だけでなく、搭乗者や運転者自身、車両に対して補償されることもあります。
任意保険についてはこちら

中古車購入時には自賠責保険加入が必須

自賠責保険は、中古車を購入した場合でも加入が必須となります。
もし購入する中古車の車検が切れていれば、新たに加入手続きを取る必要があります。
車検が残っている場合、自賠責保険も一緒に残っているため、保険の名義変更が必要になります。
また、自賠責保険証は車を運転する際、常に携帯しておかなければいけません。
もし証明書不携帯であれば、それだけで30万以下の罰金が科せられるため、購入する中古車の自賠責保険が残っている場合、必ず保険証を受け取るようにしましょう。

自賠責保険にかかる費用

自賠責保険の保険料は、基本的に次の車検までの未経過期間分をまとめて支払う仕組みとなっています。
保険料は、車種によって細かく分けられています。
参考に、本土で加入した場合の自家用乗用車と軽自動車の保険料をそれぞれご紹介します。

自家用乗用自動車

・25か月・・・20,610円
・24か月・・・20,010円
・12か月・・・12,700円

軽自動車

・25か月・・・20,310円
・24か月・・・19,730円
・12か月・・・12,550円

自賠責保険に加入できる場所

自賠責保険は、次の場所で加入できます。
・損害保険会社の営業所や窓口
・中古車販売店やディーラー
・修理工場や整備工場
・陸運局(運輸支局)
・ガソリンスタンド(一部)

自賠責保険加入に必要な書類

自賠責保険への加入には、車体番号や登録番号がわかる書類が必要であるため、車検証を用意しておく必要があります。
また、保険料は前払い式となるため、現金も用意しておく必要があります。

自賠責保険の補償内容

自賠責保険の具体的な補償内容は、次の通りとなります。
・死亡・・・3000万円まで
・後遺障害・・・4000万円まで
・傷害・・・120万円まで
※被害者1人あたり
上記の通り、被害者が他人ではない場合や、自動車や建物などの物損には対応してません。
また、場合によっては上限金額を上回るケースも少なくありませんので、万が一のときに備えて任意保険にも加入しておきましょう。

自賠責保険に加入するタイミング

もし自賠責保険が切れている場合、その車に乗る前に加入手続きを済ませておき、乗り出しと同時に保険が適用されるよう開始日に設定しておくことをおすすめします。
また、多くの保険会社では加入当日から保険が適用されることが多いため、自賠責保険が切れていると分かった時点ですぐに手続きを行うようにしましょう。

未経過分相当額とは?

「未経過分相当額」とは、新しい所有者となる方に請求される費用のことを言います。
自賠責保険は次の車検までの期間の保険料をまとめて支払うシステムであるため、もし車が売却されれば、その時点で新しい所有者が残りの保険料を「未経過分相当額」として支払います。

乗り換えで中古車を購入する場合の自賠責保険について

自賠責保険が残っている中古車を購入するときは、前項でご紹介した未経過分相当額を支払うことになりますが、乗り換えになると、逆のケースも同時に存在します。
その場合は、乗り換えで下取りに出す車の自賠責保険料は、一旦下取り業者の名義に変更され、未経過分の保険料が払い戻されます。
払い戻し分の費用は、次の車の購入費用に充てることができるため、乗り換え時は未経過分相当額のことも頭に入れておきましょう。

中古車購入時に自賠責保険の名義変更を自分でする方法

個人売買など、場合によっては中古車を販売店で購入しないケースも存在します。
その場合は、自賠責保険の名義変更を自分で行わなければいけません。
ここでは、名義変更に必要な情報もご紹介していきます。

名義変更に必要な書類

名義変更に必要な書類は、次の通りとなります。
・自賠責保険証明証の原本
・譲渡人と受取人両方の印鑑
・売買契約が確認できる証明書もしくは譲渡人の実印と印鑑証明書
・身分証明証
印鑑は、保険会社の窓口や営業所に用意されている自賠責保険承認請求書に記入する際に必要となります。
また、売買契約が確認できる書類は、譲渡証明書や買取契約の書類などがあります。
無ければ譲渡人の実印と印鑑証明書で代用もすることもできます。
名義変更を代理人が行う場合は、委任状も必要になります。

名義変更のタイミング

名義変更をしていないこと自体は違法になりませんが、後々に行おうとすれば二度手間になるため、タイミングを逃してしまうこともあります。
そのため、名義変更は購入と同時に行うようにしましょう。

中古車購入時の自賠責保険に関するQ&A

自賠責保険の詳細情報などをご紹介してきましたが、ここでは、気になる疑問についてご紹介していきます。

Q.もし自賠責保険に加入せずそのまま乗り続けるとどうなるの?

未加入のまま運転をすると、1年以下の懲役または50万円以下の罰金、違反点数6点の免許停止処分となります。
なぜこのように大変厳しく処罰されるかというと、交通事故の際に加害者に経済的な負担を軽減することで、被害者への補償がきちんと行われるようにするためです。
もし自賠責保険が無く、加害者が被害者に対して金銭の支払いができなければ、被害者が不利な状況に追い込まれてしまうため、このように義務化されているのです。

Q.自賠責保険の名義変更をしていないとどうなるの?

自賠責保険の名義変更自体は義務付けられていませんが、放っておくとさまざまなトラブルが起こることがあります。
・保険会社からの継続手続きやお知らせなどの連絡が届かない
・個人情報漏洩のリスクがある
・保険料の請求時に手間や時間がかかる
名義変更をして新しい保険証が手元に届くまで、ある程度の時間がかかります。
そのため、上記のトラブルを防ぐためにも、自賠責保険の名義変更は所有者が変わった時点で必ず行うようにしましょう。

まとめ

自賠責保険は任意保険と異なり、車を運転する際に必ず加入しておく必要があります。
ただし、自賠責保険は対人への補償のみで上限額も定められているため、万が一の場合に備えて、任意保険にも加入しておきましょう。
自賠責保険は購入しようとしている中古車に車検が残っていれば、名義変更をして残りの期間の保険料を支払うことで、そのまま保険を継続することができます。
もちろん保険が切れている場合でも、自賠責保険を取り扱っている業者や窓口で手続きを行えばすぐに加入できます。
忘れずに加入しておきましょう。

  1. 秋の大感謝祭セール開催

    日ごろの感謝を込めて 秋の大感謝祭セール開催
    期間: 2022/10/01~2022/11/30

    グループ総在庫台数3,000台超の中から、きっとあなたにピッタリの1台が見つかります!
    人気車種の中古車から登録済未使用車まで幅広くご用意しています。

    ★コロナウィルス感染症対策のため、ご来店予約をいただくと安心です。
    ★リモート商談にも対応しております!ご自宅からも気になる車両があれば商談対応いたします!!

関連記事