BLOG

おすすめ記事

グッドスピード広報

中古車を購入したら任意保険はどうする?後悔しない自動車保険のポイント

中古車 保険

中古車を購入したら任意保険はどうする?後悔しない自動車保険のポイント

中古車を買い替えたとき、今まで加入していた自動車保険は自動的に継続されるわけではありません。
きちんと継続手続きをしないと、事故が発生した場合に自費で賠償することになってしまいます。
また、継続手続きには期限があります。
引継ぎが遅れてしまうと、等級が下がったり、掛け金が上がったりして後悔される方も多いようです。
しかし、これからご紹介するポイントを押さえておけば、それほど難しいことではありません。
この記事では、任意保険の必要性や、加入手続きについてご紹介します。

目次

中古車の任意保険とは

任意保険と自賠責保険の違いをチェック
車両保険とは

中古車購入時の任意保険の加入時期

任意保険の必要性と種類
任意保険の加入にベストの時期
任意保険は販売店で加入する のがおすすめ
切り替えを忘れてしまった場合

任意保険加入に必要な書類と手続き方法

任意保険加入の手続き方法と必要な書類
車の乗り換え時に必要な「車両入替」

中古車購入時に任意保険に加入して後悔しないためのポイント

任意保険の保険料を安くする方法はある?
中古車でも車両保険を検討してみよう
任意保険の「等級」について理解しておこう
任意保険の変更では必ず保険料の確認を 

まとめ|中古車を購入するときの任意保険を少しでもお得にする方法を検討しよう! 

 

中古車の任意保険とは

ここでは、任意保険の概要、自賠責保険との相違点及び車両保険についてもご紹介します。
任意保険の対象となる範囲
独自の判断で加入するかしないかを決められるのが、任意保険です。自賠責保険は、車の所有者が必ず加入しなければなりません。
対象としている内容とは、どういうものなのでしょうか?
・事故の相手を死傷させた場合の賠償
・壊した財物への賠償
・運転手本人や同乗者が死傷したときの補償
・自分の自動車を壊したり傷つけたりしたときの補償
交通事故による損害をすべてカバーしているのがポイントです。

任意保険と自賠責保険の違いをチェック

自賠責保険には、車による交通事故で被害を受けた人を救済するという目的があり、基本的に対人賠償に特化した内容になっています。
しかし補償額は、最高でも4,000万円ほどです。
この金額では、あらゆる交通事故の賠償をするのは難しいでしょう。
任意保険は自賠責保険では足りていない、運転手本人や同乗者、財物などに向けた内容となっています。
賠償や補償の金額は、数千万円から無制限まであります。

車両保険とは

車両保険とは、自分の車の修理費用を補償するものです。
車両同士の事故では、相手の対物補償から保険金が支払われるため問題ないように感じますが、事故には必ず「過失割合」があります。
車両保険は、この過失割合分も網羅しています。
また車両が盗難にあった場合にも対応しています。
ただし保険料が大きく左右するので、費用対効果を考えて検討してください。

中古車購入時の任意保険の加入時期

任意保険はドライバーが入るべきである理由と、加入時期についてご紹介します。

任意保険の必要性と種類

交通事故による賠償額は増加傾向にあり、死亡事故では数億円を超えることもあります。
自賠責保険の限度額で賄うことができない場合、不足分を自分で埋め合わせしなければなりません。
種類は、補償・賠償の対象によって3つに分けることができます。
具体的には「相手(対人・対物)」「運転手本人や搭乗者」「契約している自動車」です。
車の事故に対して網羅的に適応されるため、ドライバーは必ず加入しておくべきであると言えます。

任意保険の加入にベストの時期

時期に関して気をつけたいところは、納車日には効力が発生しているように設定することです。
加入前に事故を起こしてしまったら、十分な補償を受けることができないかもしれません。
任意保険は、契約車両の車検証の内容さえ分かれば申し込むことができます。
始期と納車日を一致させておけば、無駄に支払いが発生することもありません。

任意保険は販売店で加入する のがおすすめ

中古車を購入するなら、保険の契約も販売店でおこなうのがおすすめです。
その他、Webや電話で直接契約するダイレクト型や、代理店契約をした専業の店舗型などがあります。
各加入方法のメリットデメリットを表にまとめました。

加入方法

メリット

デメリット

中古車販売店

・保険と修理の対応がワンストップでできる

・ダイレクト型に比べると掛け金が割高になることがある

ダイレクト型

・直接取引のため割安になる

・サポートに距離感を感じやすい

・手続きなどすべて自分で行わなければならない

店舗型

・担当者に何かと相談できる

・ダイレクト型に比べると掛け金が割高になることがある

・保険の変更をしづらい

中古車販売店で契約をすれば、車の修理と保険の相談がワンストップでできるのでおすすめです。

切り替えを忘れてしまった場合

任意保険の切り替え(更新)を忘れてしまうと、事故のときに補償が受けられなくなってしまいます。
しかし、満期日を過ぎても一定期間内であれば、等級などを引き継いだまま更新できますから、すぐに保険会社に連絡しましょう。
一般的に、満期日から30日以上経過してしまうと、再契約をしなければなりません。
一般的には1年ごとに更新することが多いです。
満期の1,2ヶ月前には、通知のハガキやメールがくるはずなので早めに対応をしましょう。

任意保険加入に必要な書類と手続き方法

任意保険へ加入する場合には、必要な書類を揃えなければなりません。
大まかな流れとともに解説していきます。

任意保険加入の手続き方法と必要な書類

任意保険に入るまでの大まかな流れはこちらです。
1.見積を依頼する
2.内容を確認し申込みする
3.掛け金を支払う
4.申込完了
1.の見積で必要な書類とは、運転免許証と車検証です。
現在別の保険に入っている場合は、そちらの証券があれば車検証や運転免許証は不要です。
2.の申込でも、必要な書類は1.と同じです。

車の乗り換え時に必要な「車両入替」

車を買い替える時には、「車両入替」の手続きをしましょう。こちらを行わないと保険金が支払われないことがあります。
提示する書類は、車検証(車両の詳細情報)です。場合によっては、車の積算距離計の数値の提示を求められることがあります。
入替するためには、以下の条件をクリアしていなければなりません。
・以前の車両を廃車や譲渡、返還した場合であること
・入替前後で車の所有者か記名被保険者が同じ、或いは、その配偶者またはそのどちらかと同居の親族であること
・入替前後の車が同じ用途の車種であると同時に自家用8車種であること
※記名被保険者とは、契約車両を主に運転する人のことです。
※自家用8車種とは、事業用でなく、自家用として使用されている車のことをいいます。
任意保険は、契約者・記名被保険者・所有者がそれぞれ違ってもできます。
しかし、事実を申告していないと保険金の支払いがされない場合があるので注意しましょう。

中古車購入時に任意保険に加入して後悔しないためのポイント

車や保険について予備知識がなく、なんとなくを選んでしまって後悔することがあります。
そうならないためのポイントを紹介します。

任意保険の保険料を安くする方法はある?

費用を少しでも安くしたいというのは、多くの方が考えることでしょう。方法としては次のようなことがあげられます。
・月払いを年払いに変更する
・車両保険の免責金額を大きくする
・割引制度を活用する
・店舗型からダイレクト型(ネット型)にする
・等級の高い同居親族の任意保険を使う
・運転者の限定条件を厳しくする(本人限定・年齢条件を上げるなど)
できそうなことがあれば、積極的に検討してみてください。

中古車でも車両保険を検討してみよう

新車を購入すると車両保険に入る方は多いのに、中古車の場合は迷う方が多い傾向にあります。
中古車は新車と比較して車両価値が低く、保険金も低くなるのが理由です。
しかし中古車をローンで購入した方には、利用価値は高いといえるでしょう。
もし、事故を起こしてしまい車の修理が必要となると、車に乗り続けるためのローンの支払いと車の修理費用を同時に支払うことになります。
しかし車両保険に加入していれば修理費の心配をしなくて済みます。
まとまった金額を一度に用意できないという方は、車両保険の検討をしてみてください。

任意保険の「等級」について理解しておこう

掛け金は「等級」 によって決まります。
事故(請求)歴に合わせて、割引や割増をするシステムが等級です。
一般的に、事故を起こす確率が低いと考えられる人ほど掛け金は安くなります。
等級には1〜20等級が定められており、等級が大きいほど割引率は大きくなるように設定されています。
等級が下がるケースでは、1等級ダウンする場合と3等級ダウンするケースがあり、事故内容で違ってきます。

任意保険の変更では必ず保険料の確認を 

任意保険の加入や変更後の後悔で一番多いのが、掛け金が今までよりも上がってしまったというものです。
契約を済ませる前に、必ず見積もりをとりましょう。
「車を買い替えたら等級が下がってしまった」というケースもあります。
契約期間に、空白期間(原則8日以上)があると等級の引継ぎができなくなります。
解約日と、変更先の保険の始期日を合わせることで解決できます。

まとめ|中古車を購入するときの任意保険を少しでもお得にする方法を検討しよう! 

この記事では、自賠責保険と任意保険の違い、手続きのために用意する書類や加入のタイミングについてご紹介してきました。
そして、中古車購入時の任意保険で後悔しないためのポイントについてもご紹介しました。
さまざまな疑問点は早めに解決しておいて、少しでもお得に任意保険に加入するための方法を検討できるくらいの余裕を持ちましょう。
自分で手続き・契約をすることが少しでも不安に感じる方は、
中古車を購入した際に、保険の契約も販売店で行うと手間も少なく安心して利用できます。
加入方法もさまざまですので、ご自身のご希望に合った選択をしましょう。

  1. この1年の感謝を込めて 歳末セール開催

    この1年の感謝を込めて 歳末セール開催
    期間: 2022/12/01~2022/12/25

    グループ総在庫台数3,000台超の中から、きっとあなたにピッタリの1台が見つかります!
    人気車種の中古車から登録済未使用車まで幅広くご用意しています。

    ★コロナウィルス感染症対策のため、ご来店予約をいただくと安心です。
    ★リモート商談にも対応しております!ご自宅からも気になる車両があれば商談対応いたします!!

関連記事