BLOG

おすすめ記事

グッドスピード広報

中古車購入時で高く下取りして貰うには?高価下取り車両の特徴を解説!

中古車 購入 下取り

中古車購入時で高く下取りして貰うには?高価下取り車両の特徴を解説!

車の購入を検討したり、見積もりを依頼したりする際、よく耳にする「下取り」と「買取り」。
言い方の違いだけでどちらも同じ意味を指す言葉であると認識している人は少なくありません。
しかし、この2つは異なる意味を持っています。
この意味を知っておくことでお得な車選びに繋がります。
さらに、中古で購入した車は下取りや買取りはできないと諦めていませんか?車種によっては下取りも買い取りも可能です。

目次

「下取り」と「買取り」の違いとは?

下取り
買取り

下取りのメリット・デメリット

下取りのメリット
下取りのデメリット

下取りの流れ

下取りの基準
財団法人日本自動車査定協会の基準を満たしている
その他の基準

下取り価格の高い中古車の特徴

国内だけでなく海外市場でも人気のある車
同じメーカーの車
限定車や人気のボディタイプの車
ボディカラーが白か黒の車
高年式で車検が1年以上残る車
修復歴のない車

下取り価格が安い中古車の特徴

希少な輸入車
外装や内装の劣化が激しい車
多走行の車
モデルチェンジ後や販売を終了した車

中古車でも下取り価格を高くするためのポイント

ポイント①点検記録簿を揃えておく
ポイント②過剰なカスタマイズをしない
ポイント③純正の部品は保管しておく
ポイント④外装、内装ともにきれいに掃除をする

リセールバリューの高い車種

まとめ

「下取り」と「買取り」の違いとは?

下取りと買取りといえばどちらも自分の車をお金に変えるということです。
たしかに、自分の車を手放しすという点では変わりありませんが、下取りと買取りでは似ているようでまったく異なった意味を持っています。
それでは、下取りと買取りの違いを見ていきます。

下取り

下取りとは、新車と現在所有している車の売買を同時に行うことです。
主に、ディーラーで行われています。
その理由は、新規購入の車の資金として車を引き取ることが前提となっているからです。

買取り

買取りとは、中古車販売店や買取専門業者が車を買い取ることです。
買取りは車を購入することを前提としていないため、手元にお金が残ります。

下取りのメリット・デメリット

下取りと買取りの大きな違いは、手元にお金が残るか残らないかという点です。
それでは、下取りのメリット、デメリットを挙げていきます。

下取りのメリット

・下取り価格を交渉できる
下取りをする前提は、新規の車を購入することです。
下取り価格は、新規の車の総額を算出後、購入金額に合わせて決定してくれます。
例えば、高額の車を購入する場合、下取りであれば、ディーラーと交渉して下取り価格を高く設定してもらうことも可能です。

・手続きがラク
車の買取りは、売買となるため複数の書類や手続きが必要です。
一方、下取りは次の車を購入することが前提となっています。
お客様の車を下取るため、身元の証明や口座開示などは必要ありません。

下取りのデメリット

次に下取りのデメリットとしましては、同じ車でも買取り価格より安価となったり、新規の車の購入にあてる目的のため、お金を自由に使えなかったりする場合もありますので注意が必要です。

下取りの流れ

下取りは、ディーラーで車を購入する場合に適用されますが、自分の車がどのような基準で価格が決まるのか気になります。
それでは、下取りの基準や流れについて見ていきましょう。

下取りの基準

車の査定基準は、財団法人日本自動車査定協会によって設定されています。
ディーラーや中古車販売店などはこの基準を参考に下取りや買取りの価格決定をしているのです。

財団法人日本自動車査定協会の基準を満たしている

車の査定基準は、主に下記のような評価から点数をつけていきます。

・車の外装と内装といった見た目に対する評価
・車のエンジンや足回りなど機能的な評価
・年式や走行距離
・事故歴や改造歴の有無

これらの基準を満たしている車には査定額が算出されます。

その他の基準

車の下取りをする際には、協会の基準以外にもメーカーオプションなどの有無がディーラー独自の基準となります。
また、車検期間の長さなども査定に影響するため同じ車でも車検が長くついている車は査定額が高くなる傾向があります。

下取り価格の高い中古車の特徴

査定基準をみると、自分の車には価値がないと判断し下取りを諦めている人もいますが、中古で購入した車や低年式の車でも下取り価格の高い車種もあります。
それでは、下取り価格の高い中古車にはどのような車があるのか挙げていきます。

国内だけでなく海外市場でも人気のある車

トヨタのランドクルーザーやプリウスなど日本だけでなく海外でも人気の車は下取り価格が高くつく傾向があります。

同じメーカーの車

ディーラーは、同じ車種でも自社の車に対しては下取り価格を高くつけることがあります。

限定車や人気のボディタイプの車

限定車や販売台数の高い車種は希少価値があり価格が下がりにくい傾向にあります。

ボディカラーが白か黒の車 

車種問わずボディカラーが白と黒は人気が高く汎用性もあるため価格が下がりにくい傾向にあります。

高年式で車検が1年以上残る車

初回車検まで1年以上車検が残る車や高年式で車検が1年以上残る車は、中古車市場でも高値で売買されるため、下取りも高くなっております。

修復歴のない車

財団法人日本自動車査定協会の基準にもありますが、修復歴の有無は査定に大きく影響します。
ただし、バンパーの交換程度は修復歴には該当しません。

下取り価格が安い中古車の特徴

下取り価格が高い車がある反面、安くなる車もあります。
それでは下取り価格が安い車の特徴を挙げていきます。

希少な輸入車

輸入車の需要は国産車に比べると少ないうえにメンテナンスにも限界があるため下取り価格がつきにくい傾向があります。

外装や内装の劣化が激しい車

同年式の車でも外装と内装のどちらかの劣化が激しい車の方が下取り価格が下がる傾向があります。

多走行の車

走行距離の基準は、1年間10,000kmで考えます。
例えば、新規登録後、5年で10万kmを超えた多走行の車は下取り価格が低くなります。

モデルチェンジ後や販売を終了した車

古いモデルの車や販売が終了した車のなかには下取り価格が下がる車もあります。

中古車でも下取り価格を高くするためのポイント

車の購入資金として少しでも下取り価格を高くしたいと誰でも考えますが、どういった点に気をつけておけばよいのか悩みます。
それでは、中古車でも下取り価格を高く査定してもらうためのポイントを紹介していきます。

ポイント①点検記録簿を揃えておく

点検記録簿は、車の状態を記したカルテのような役割をしています。
中古車でも点検記録簿を残しておけばメンテナンスの履歴がわかるため中古車市場に売り出せることもあります。

ポイント②過剰なカスタマイズをしない

カスタマイズをするのは悪いことではありません。
しかし、社外品を過剰に取り付けると下取り価格が安くなります。
なるべく新車に近い形を保ちましょう。

ポイント③純正の部品は保管しておく

純正品は、社外品より価値があるため保管をしておきましょう。

ポイント④外装、内装ともにきれいに掃除をする

同じ車でもこまめに掃除をしている車は下取り価格が高くつきます。
日頃から外装だけでなく内装もきれいに掃除をしておきましょう。

リセールバリューの高い車種

中古車でも、リセールバリューの高い車種はあります。
これらの車を所有していると下取り価格が高くつくことが期待できます。
それでは、リセールバリューの高い車種をボディタイプ別に挙げていきます。

ボディタイプ

車名

SUV

TOYOTA ランドクルーザープラド

TOYOTA ハリアー

TOYOTA C-HR

日産 エクストレイル

ミニバン

TOYOTA  アルファード

三菱 デリカD5.

日産 セレナ

TOYOTA  エスクァイア

セダン

TOYOTA  プレミオ

ホンダ シビックセダン

ホンダ グレイス

TOYOTA  クラウンハイブリッド

コンパクトカー

ホンダ フィット

TOYOTA  アクア

スズキ スイフト

MAZDA  マツダ2

軽自動車

スズキ ジムニー

スズキ ハスラー

ホンダ N-BOXカスタム

ダイハツ タントカスタム

リセールバリューが高いSUVはこちら
リセールバリューが高い中古車についてはこちら

まとめ

ご紹介したように下取りと買取りは混同されやすいですが、意味が異なります。
次の車を購入する予定はなく資金に変えたい人にとっては買取りがお得ですが、次の車を購入する前提の人にとっては手間のかからない下取りがおすすめです。
中古車でも、ポイントを抑えておけば高値で下取りをしてもらえます。
次の車の購入を検討している人は、現車の状態を確認したうえで納得できる査定額になるよう日頃からメンテナンスをしておきましょう。

  1. 秋の大感謝祭セール開催

    日ごろの感謝を込めて 秋の大感謝祭セール開催
    期間: 2022/10/01~2022/11/30

    グループ総在庫台数3,000台超の中から、きっとあなたにピッタリの1台が見つかります!
    人気車種の中古車から登録済未使用車まで幅広くご用意しています。

    ★コロナウィルス感染症対策のため、ご来店予約をいただくと安心です。
    ★リモート商談にも対応しております!ご自宅からも気になる車両があれば商談対応いたします!!

関連記事