BLOG

おすすめ記事

グッドスピード広報

中古車の陸送費の相場とは?安くするポイントも解説

中古車 陸送費

中古車の陸送費の相場とは?安くするポイントも解説

中古車を購入する場合、車両が遠方の場合は車両の購入費用のほかに陸送費が必要です。
しかし、「陸送費」とはどんな費用で、いくらくらいかかるのでしょうか。
今回は、陸送費の詳細や、相場、安くするためのコツについて解説します。
陸送費について知っておくと、中古車を購入する予算が立てやすくなりますので、この記事を通して陸送費について理解を深め損することない中古車購入を計画的に進めましょう。

目次

中古車の陸送費とは?輸送費との違いや納車費用について

陸送費とは陸路で運送を依頼する際の費用
輸送費や納車費用について
陸送費と輸送費が運送経路の違い

中古車の陸送費の相場と期間(日数)

陸送費の相場は距離によって異なる
ディーラーの場合
販売店の場合
掛かる期間(日数)

中古車の陸送費を安くするポイント

ディーラーや販売店が混んでいない時期に陸送を依頼する
近隣の店舗に陸送を依頼する・遠方からの陸送の方が安くなる場合がある
自分で中古車を直接取りに行く
事前予約をする

まとめ

 

中古車の陸送費とは?輸送費との違いや納車費用について

ここでは中古車の陸送費とはどんな費用なのか、輸送費との違い、納車費用について解説していきます。
これらの違いを理解しておくと、損なく中古車を購入できるようになるので、それぞれの違いを知ったうえで、購入を検討してはいかがでしょうか。

陸送費|陸路で運送を依頼する際の費用

陸送費とは、購入した車が保管されている場所から受け渡し場所まで、陸路で運送する際にかかる費用です。
陸送には中古車を自走で届ける方法や積載車で運送する方法などさまざまな手段があり、中古車販売店によって陸送の手段は異なります。
遠方からの陸送にも対応している業者はありますが、陸送にかかる日数が増えると陸送費も高額になってしまうので注意をしましょう。

輸送費や納車費用について

陸送費とよく似た費用に、「輸送費」と「納車費用」があります。
輸送費とは、船便や航空便で車を運送する際にかかる費用です。
北海道や沖縄などで購入した車が移送される場合、航空便や船便などで運送されます。
その際に発生するのが「輸送費」です。陸送費と比べると航空機・船の燃料代などが必要なので、費用がかさむケースが多いでしょう。
納車費用とは、納車に必要な洗車や車のメンテナンスにかかる費用を総称したものです。
陸送費や輸送費を合わせて「納車費用」として計上する販売店もあるので、納車費用の内訳については購入店へ事前に確認しておきましょう。

陸送費と輸送費の違い

陸送費と輸送費の主な違いは運送の経路にあります。
陸送費は陸路での運送にかかる費用を指し、輸送費は船路・空路での運送にかかる費用を指します。
また、納車費用は陸送費と異なり、運送以外に必要な費用も含まれている点が主な違いです。
中古車販売店によっては、陸送費が輸送費と記載される場合や、運送費などをまとめて納車費用と記載される場合があるので、費用に関する内訳を確認したい場合は販売店に直接確認しておきましょう。

中古車の陸送費の相場と期間(日数)

ここでは、中古車の陸送費の相場と、陸送にかかる期間について紹介します。
相場を確認することで、購入時の陸送費が適正かどうか判断できるようになるでしょう。
また、陸送にかかる日数をおおまかに把握しておくことで、陸送費を抑えられるだけでなく、希望の納車日に納車できます。
ディーラーから購入する場合と販売店で購入する場合をそれぞれ紹介しているので、相場の違いを確認しておきましょう。

陸送費の相場は距離によって異なる

陸送費の相場は、ほとんどの場合、陸送の距離によって異なります。
軽自動車か普通自動車かなどの車のタイプによって変動することはなく、距離ごとに相場感が決められているのが一般的です。
長距離になるほど費用は高くなり、陸送にかかる日数も長くなります。

ディーラーの場合

ディーラーで中古車を購入した場合の相場は下記の通りです。

陸送にかかる時間

陸送費の相場

2時間〜3時間

2万円〜3万円

5時間以上

3万円〜10万円

1時間〜3時間で到着できる近場からの陸送の場合、相場は2万円〜3万円、5時間以上かかる遠方からの陸送の場合は3万円〜10万円ほどが相場です。
販売店と比べ割高ですが、ディーラーは一度の陸送で多くの車両を運ぶ機会が多いため、経由地が多くなり陸送費が高くなってしまいます。

販売店の場合

次に、販売店で中古車を購入した場合の相場を紹介します。

陸送にかかる時間

陸送費の相場

1時間〜3時間

1万円〜3万円

5時間以上

3万円〜7万円

近場からの陸送の場合、相場は1万円〜3万円、遠方からの陸送の場合は3万円〜7万円ほどが相場です。
販売店の陸送はディーラーに比べて安い傾向にあります。
中古車販売店によっては陸送費を免除してくれる場合もあるので、問い合わせてみましょう。

掛かる期間(日数)

中古車の運送にかかる期間は、陸送の場合1日〜1週間程度です。
繁忙期はさらに長くかかる場合もあります。
東京から関東圏の場合、期間の目安としては1日〜2日、東京から沖縄・北海道などの遠方への陸送にかかる期間の目安は1週間程度です。

中古車の陸送費を安くするポイント

中古車の陸送費を安くするためにはどのようにすればよいか、安くするコツを解説していきます。
陸送費を安くするポイントは、いずれも計画的に陸送を依頼するのが大切な点にも気をつけて確認していきましょう。

ディーラーや販売店が混んでいない時期に陸送を依頼する

ディーラーや中古車販売店では、2月〜4月の新生活シーズンが繁忙期です。
引っ越しなどに伴って車が不要になり手放す方が増える一方で、新たに中古車を購入する方も増えるので、需要が高くなる時期にあたります。
繁忙期の場合、陸送における日数がかかるだけでなく経由地も多くなるため陸送費が高くなってしまいます。
中古車の輸送費を安くするには、ディーラーや中古車販売店が混んでいない時期に陸送を依頼することがポイントです。

近隣の店舗に陸送を依頼する・遠方からの陸送の方が安くなる場合がある

陸送費を抑えるには、できるだけ近い店舗に陸送を依頼するのがポイントです。
陸送の距離が長くなるとその分割高になってしまうからです。
しかし、近い距離が安い会社だけでなく遠方からの陸送が安くなる会社もあるため、違いをしっかり確認して依頼するようにしましょう。

自分で中古車を直接取りに行く

ディーラーや中古車販売店が自宅や駐車場から近い場合は、自分で中古車を取りに行くと陸送費はかかりません。
遠方の場合、燃料代を考えると自分で車を取りに行くより、陸送を依頼したほうが安くなる場合もあるのでどちらが安く済むかを考える必要があります。
自分で中古車を取りに行く場合は、初めて乗る車で長距離移動をしなければならない点も十分に気をつけなければなりません。
自分で中古車を取りに行くか、陸送を依頼するかを考えておくと陸送費を安くすることにつながります。

事前予約をする

どうしても繁忙期に中古車購入や陸送依頼がかぶってしまう場合は、陸送を事前に予約しておくことで費用を抑えられます。
事前予約をしておくと、ほかの車よりも優先して陸送してくれるため、費用が抑えられるだけでなく、希望の納車日に納車できるメリットもあります。
2〜3ヶ月前から予約ができる場合は、可能な限り余裕を持って陸送の事前予約をしておくようにしましょう。

まとめ

中古車の陸送費は、輸送距離によって相場感が異なります。
また、遠方から陸送する場合は、依頼する時期によっては大きく損をしてしまう可能性もあるので、購入するタイミングや購入する店舗について、慎重に選ぶことが重要になるでしょう。
そのほか陸送費は、輸送費や納車費用とは異なるので違いについて理解をした上で予算を組むことがおすすめです。
費用について正しく理解をすることで損することなく購入に踏み切ることができるでしょう。

  1. 秋の大感謝祭セール開催

    日ごろの感謝を込めて 秋の大感謝祭セール開催
    期間: 2022/10/01~2022/11/30

    グループ総在庫台数3,000台超の中から、きっとあなたにピッタリの1台が見つかります!
    人気車種の中古車から登録済未使用車まで幅広くご用意しています。

    ★コロナウィルス感染症対策のため、ご来店予約をいただくと安心です。
    ★リモート商談にも対応しております!ご自宅からも気になる車両があれば商談対応いたします!!

関連記事