BLOG

おすすめ記事

グッドスピード広報

CX-60の内装をグレード別に徹底解説!収納力や内装オプションもご紹介!

CX-60 内装 画像

CX-60の内装をグレード別に徹底解説!収納力や内装オプションもご紹介!

「CX-60のグレード別に内装の違いについて知りたい」や「内装をドレスアップさせるおすすめのオプションパーツは?」こういった悩みや疑問をお持ちではないでしょうか。
この記事を読めばこれらの疑問が解決します。
CX-60について詳しく解説していますのでぜひご覧ください。

目次

CX-60とは?

パワートレインは4タイプ

グレード別内装の違いは?

XD 
S package 
L package
Exclusive
Premium

CX-60の収納力をチェック!

フロントドリンクホルダー(XD、S package除く)
ワイヤレス充電(Qi)(XD除く、S,L packageメーカーオプション)
フロントセンターコンソールボックス
荷室容量は?
シートアレンジは?

まとめ

CX-60とは?

CX-60とは、マツダが製造、販売している高級クロスオーバーSUVです。
2022年9月15日より販売を開始しました。
マツダで初となるPHEVを採用したモデルとなり、高級志向でありながら販売台数はマツダの予想を遥かに上回る好調ぶりを見せています。

パワートレインは4タイプ

CX-60では選択肢が広がる豊富な4タイプをラインナップに加えています。
・水冷直列4気筒DOHC16バルブで余裕のあるトルクが特徴のSKYACTIV-G 2.5
・水冷直列6気筒DOHC24バルブ直噴ターボを搭載し、高出力ながらも低燃費のディーゼルエンジンSKYACTIV-D 3.3
・上記と同じ構造にマツダ独自のマイルドハイブリッドがプラスされたe-SKYACTIVD
・水冷直列4気筒DOHC16バルブでリチウムイオンバッテリーとモーターを組み合わせたプラグインハイブリッドのe-SKYACTIV PHEVといった4種類が用意されています。

グレード別内装の違いは?

ディーゼルエンジンのみに用意されたベースグレードのXDから最上級グレードのPremiumまで5タイプのグレードが用意されています。
今回はインテリアにフォーカスしてご紹介します。

XD 

CX-60 XD 内装

XDはディーゼルエンジン仕様のみに用意されているベースグレードになります。
シートはクロス生地でカラーはブラックのみ、パワーシートは非対応となっています。
またインパネやドアアッパートリムでは唯一このグレードのみに樹脂が採用されています。
合皮に興味がない必要最低限の装備を好む方にはおすすめのグレードです。
公式サイトはこちら

S package

CX-60 Spackage 内装

S packageは25S、XD、PHEVに用意されているグレードです。
XDとの違いは運転席のパワーシートが25Sを除いて標準装備(※25Sはメーカーオプション)となっています。
また、目の移動が減りストレスフリーが期待されるフロントガラスに走行情報を映し出すアクティブ・ドライビング・ディスプレイや後席には嬉しいリアベンチレーターもXDとは異なる点です。
公式サイトはこちら

L package

CX-60 Lpackage 内装

L packageは25S、XDに用意されている中間グレードです。
S packageとの違いはシートの材質がレザー、カラーはブラックとグレージュから選択できます。
またインパネに関しても合成皮革となり、樹脂では感じることのできない肌ざわりと高級感を感じるでしょう。
さらにアームレストにはダブルステッチ処理が施されおしゃれな印象を与えます。
どうしても合皮にこだわりたい方にはおすすめのグレードです。
公式サイトはこちら

Exclusive

CX-60 Exclusive Mode 内装

ExclusiveはMode、Sports、Modernの3パターンがあり、25SとXDがMode、XD-HYBRIDとPHEVにはSportsとModernとなっています。
シートの材質はワンランク上のナッパーレザーで、ブラックの他にピュアホワイトからも選択可能です。
また、運転席と助手席には10wayパワーシートが標準装備されています。
公式サイトはこちら

Premium

CX-60 PremiumSports 内装

画像:CX-60 “PremiumSports”
PremiumはSportsとModernの2パターンがあり、XD-HYBRIDとPHEVに用意されている最上級グレードになります。
シート材質はSportsがナッパーレザー/レガーヌの組み合わせ、Modernはナッパーレザーのみ、カラーは前者が淡い茶色のタンのみ、後者はピュアホワイトとなっています。
さらに開放感ばっちりのパノラマサンルーフが標準装備されている点も嬉しいポイントとなります。
やはり最上級グレードだけあって装備に関してはほぼ付帯されており、パーツ一つひとつ質感が高く、心躍る造りとなっています。
オプションは欲しいけど、今後何が必要か分からないし、高級感を全面的に出したい方におすすめのグレードです。
公式サイトはこちら

CX-60の収納力をチェック!

内外装で高級感が漂うCX-60ですが、実用性を重視した収納もたくさん装備されています。
取りやすい位置のドリンクホルダーや今では置くだけ充電はマストアイテムです。
さらにお子さんがいる家庭ではベビーカーや日用品など荷物を載せる機会が多いのではないでしょうか。
使い勝手もあわせてそれらについて細かくご紹介します。

フロントドリンクホルダー(XD、S package除く)

CX-60 フロントドリンクホルダー

こちらはセンターコンソールに内蔵されており、体勢をかえることなくドリンクの取り出しがしやすくなっています。
またフタが付いているのでゴミも溜まらず衛生的です。

ワイヤレス充電(Qi)(XD除く、S,L packageメーカーオプション)

CX-60 ワイヤレス充電(Qi)

置くだけでスマホの充電ができる優れものです。
意外とスマホの置き場所に困っている方は多いと思いますが、専用の置き場があるのは嬉しいポイントとなります。

フロントセンターコンソールボックス

CX-60 フロントセンターコンソールボックス

観音開きで中身を取り出しやすく考えられており、TYPE-AやTYPE-C、HDMIのポート(※)を完備しています。
※グレードにより種類や数が変わります。
公式サイトはこちら
その他、後席にはシートポケットやアームレストにドリンクホルダーなど、嬉しい機能が散りばめられています。
ぜひ実車で確認してみてください。
公式サイトはこちら

荷室容量は?

荷室長975㎜、荷室幅1275㎜、荷室高817㎜となっており570Lが確保されています。
この荷室容量はマツダのSUVではCX-8(572L)に続く広々空間となっています。
ちなみに67Lのスーツケースであれば4個、ゴルフバックに関しては通常時4個積載することができる驚きの大容量です。

シートアレンジは?

リアシートは4:2:4分割可倒式となっています。
この分割方式は非常に優秀で使い勝手がよく、アレンジが豊富で実用性が高いのです。
中央の”2”だけを倒すことで長尺物を積載でき、さらに倒していない両サイドには大の大人が2名乗車できるといったメリットがあります。
ただし、XDは6:4、25S S packageではメーカーオプションとなります。

まとめ

今回はCX-60の内装についてご紹介しました。グレードは5つあり、それぞれに装備品や機能が異なります。
いずれのグレードにおいてもその立ち振る舞いから所有感を満たしてくれることでしょう。ぜひ実車を確認してみてください。

よくある質問

Q1.PHEVの充電時間はどのくらいかかりますか?また選ぶときに注意点はありますか?

普通充電で約3時間、標準装備の車載ケーブルで約7時間、そして急速充電では約25分となっています。また注意点として、自宅にて充電する場合、アパートやマンションにお住まいの方は屋外用コンセントが設置されていること、そしてコンセントの使用許可を大家さんや管理会社に取ることを忘れないようにしましょう。

Q2.Premium Modernの特徴を教えてください。

このグレードのドアトリムの一部加飾には本杢が使われています。
驚きなのが寄せ集めの木ではなく、ひとつの木から作られているので同じものがなく、オンリーワンなのです。
記事一覧はこちら
  1. 2023年もグッドスピードをよろしくお願いいたします!

    2023年 新年あけましておめでとうございます。
    本年もグッドスピードをよろしくおねがいいたします。

    グループ総在庫台数4,000台超の中から、きっとあなたにピッタリの1台が見つかります!
    人気車種の中古車から登録済未使用車まで幅広くご用意しています。

    ★コロナウィルス感染症対策のため、ご来店予約をいただくと安心です。
    ★リモート商談にも対応しております!ご自宅からも気になる車両があれば商談対応いたします!!

関連記事