BLOG

おすすめ記事

グッドスピード広報

エクストレイルの燃費に迫る!特徴や燃費を徹底解説

エクストレイル 燃費

エクストレイルの燃費に迫る!特徴や燃費を徹底解説

日産は技術の日産といわれるほど技術力は高く、世界に誇れるメーカーです。
現在は、e-POWERという独自のハイブリッドカーを開発、自動車業界でトップクラスの国産車を世に排出しています。
さまざまな車のなかで日産エクストレイルは、現行車が4代目となるSUVです。
4代目はガソリンモデルを廃止、e-POWERのみとしました。
低燃費が好評のe-POWERですが、SUVであるエクストレイルの燃費がどのくらいなのか気になります。
この記事では、エクストレイルの特徴や燃費について詳しくご紹介していきます。

目次

エクストレイルの概要

エクステリアデザイン・インテリアデザイン 
安全性能
サポート機能

エクストレイルのエンジンの特徴

エクストレイルのカタログ燃費

エクストレイルの実燃費はどのくらい?

SUVは燃費が悪いのか?

SUVはなぜ燃費が悪いのか?
カタログ燃費は必要?
カタログ燃費に近づけるための心得とは?
アクセルはふんわりと踏む
加速や減速の少ない運転をする
減速するときは早めにアクセルを離す

ライバル車と燃費を比較

ホンダ CR-V
マツダCX-5
スバルフォレスター

まとめ

エクストレイルの概要

「日産のSUVは4車種すべてが電動4WD余裕の走りで、オンロードもオフロードも縦横無尽」
このコンセプトのもと、販売されたのがエクストレイルです。
エクストレイルは、タフギアを継承しながら、上質さも纏う本格SUVであり、日産を代表するSUVとなっています。
それでは、エクストレイルの特徴を詳しくみていきます。

エクステリアデザイン・インテリアデザイン 

エクストレイルは、技術の日産を代表するSUVですが、タフギアでありながら洗練されている新しいSUVデザインとなっています。
ボディカラーは、限定色を含め全12色とラインナップも豊富です。
インテリアデザインは、静かな空間で上質に包まれる空間を演出しながらも、守られている心地よさを感じる室内空間となっています。

安全性能

車選びの重要なポイントであるのが安全性能です。
エクストレイルは、リスクやストレスを低減する全方位運転支援システムを搭載しています。
さらに、高速道路でアクセル、ブレーキ、ステアリング操作をアシストしたりNissanConnectナビゲーションシステムと連動し、予めカーブやジャンクションを把握し、スムーズに曲がれるよう車速をコントロールするプロパイロット(ナビリンク機能付)もグレード別設定になりますが搭載しています。

サポート機能

日産の技術は、サポート機能でも発揮されています。
NissanConnectを申し込むと、カーナビの地図が古かったり、カーナビに目的地を設定するのがわずらわしかったり、降車後、鍵の閉め忘れが気になったりなどのストレスを感じることがありません。
また、車に話しかけるだけで、出発前にはスマホへ通知してくれる進化したコネクテッドサービスが、ドライバーをサポートしてくれます。

エクストレイルのエンジンの特徴

エクストレイルは、エクステリアやインテリアだけでなく安全性能やサポート機能にも優れたSUVです。
さらに、日産はエンジンの技術には定評があり、エクストレイルにも最新の技術が使われているのです。
日産のエンジンといえばe-POWERであり、e-POWERとはガソリンエンジンとモーターを融合した新しい電動パワートレインです。
ガソリンを燃料にエンジンが発電機を回して電気を作ります。大出力モーターのみで100%駆動するため、電気自動車そのものの走りを楽しむことが可能です。
e-POWERは、ガソリンエンジン、発電機、インバーター、大出力モーターから成るコンパクトな一体型パワートレインと高電圧バッテリーから構成されています。
電気自動車といえばハイブリッドが一般的です。
ハイブリッドが駆動にエンジンと小型モーターを併用しているのに対し、e-POWERはエンジンが発電用としてだけ使用するため、タイヤには直接つながっておらず、モーターのみで100%駆動することが最大の特徴です。
エクストレイルには、第2世代e-POWEを搭載し、よりパワフルに、なめらかに、静かに走行することが可能です。
さらに、日産が誇る電動化技術が、人の感覚を超える制御速度で精緻に駆動力を制御します。
ワクワクするほどパワフルでなめらかな加速力と、高い静粛性を実現しました。

エクストレイルのカタログ燃費

日産の最新技術が盛り込まれたエクストレイルですが、燃費がどのくらいなのか気になります。
それでは、カタログ燃費をグレード別に一覧で挙げていきます。
グレード 燃費 グレード 燃費
S(2WD) 19.7km/L S e-4ORCE 18.4km/L
X(2WD) 19.7km/L X e-4ORCE [2列] 18.4km/L
G(2WD) 19.7km/L G e-4ORCE 18.4km/L
X e-4ORCE [3列] 18.3km/L

エクストレイルの実燃費はどのくらい?

実燃費とは、実際に走行したときの燃費をいいます。
燃費は、カタログ燃費のように一定の基準で走行していないため、運転する方や走行する環境などによって燃費は変動します。
一般的な実燃費は、カタログ燃費の1割〜3割となります。
この計算から、エクストレイルの実燃費はX(2WD)で13.79km/L〜19.73km/Lであれば燃費は悪くないことがわかります。
実燃費の口コミサイト、e燃費にあるエクストレイルの実燃費は下記の通りです。
グレード 駆動方式 実燃費 カタログ燃費
X 2WD 16.7km/L 19.7km/L
X 4WD 16.1km/L 18.4km/L

SUVは燃費が悪いのか?

エクストレイルはミドルサイズのSUVですが、SUVの燃費が悪いといわれています。
なぜ、SUVは燃費が悪い車というイメージが払拭できないのでしょうか。

SUVはなぜ燃費が悪いのか?

SUVは積載量や耐久性を重視している車が多いです。
また、ボディサイズが大きく重量もあるため、燃費が悪くなる傾向があります。
また、悪路の走破性を確保するためにパワー重視のエンジンが搭載されている車が多く、走行する際にガソリンを大量に使ってパワーを出します。
それに加えて、旅行やアウトドアなど、荷物の多い移動では重量はさらに重くなり燃費が悪くなるのです。

カタログ燃費は必要?

実際に走行したときの燃費は、カタログ燃費と違いますが、なぜカタログ燃費が必要なのでしょうか。
カタログ燃費は、車を購入する際の基準となります。各メーカーで販売されているSUVのなかで、どの車の燃費が良いかを判断するための参考材料ともいえるのです。
また、カタログ燃費のよい車は、 実走行燃費も良いということになるため、カタログ燃費は必要です。

カタログ燃費に近づけるための心得とは?

実燃費は、運転の仕方や車の乗り方でカタログ燃費に近づけることが可能です。
それでは、カタログ燃費に近い走行をするためにはどのような運転をすればよいのか挙げていきます。 

アクセルはふんわりと踏む

アクセルをふんわりと踏んで優しい発進を心がけましょう。
些細なことですが、発進するときに意識すれば、燃費が10%向上すると言われています。

加速や減速の少ない運転をする

走行中は、なるべく一定の速度を保ちましょう。
車間距離に余裕を持つことで、減速の回数が減ります。

減速するときは早めにアクセルを離す

減速をするときには、アクセルを早めに離してエンジンブレーキを効かせます。
アクセルを踏んでいる時間が短くなるとガソリン消費も減ります。

ライバル車と燃費を比較

近年、SUVは街乗りにも合う車として幅広い年齢層から人気があります。
各メーカーからさまざまなSUVが販売されていますが、エクストレイルとライバル車との燃費はどのくらい違いがあるのか気になります。
それでは、ライバル車と燃費を比較していきます。

ホンダ CR-V

2020 CR-V

画像:CR-V “EX”
ホンダを代表するSUVであるCR-Vは、ミドルサイズのクロスオーバーです。
ハイブリッドを搭載したe:HEV EX・BLACK EDITIONが人気のグレードでカタログ燃費は、21.2km/Lとなっています。

マツダCX-5

2022 CX-5

画像:CX-5″XD Smart Edition”
マツダのSUVといえばCXシリーズです。
老若男女問わず違和感なく乗ることのできるSUVとして人気があります。
CXシリーズは、クリーンディーゼルがあり、XD Smart Edition(2WD)のカタログ燃費は、17.4km/Lです。

スバルフォレスター

2022 フォレスター

画像:フォレスター”Touring”
スバルフォレスターは、1997年の発表から現行車で5代目となるミドルサイズのSUVです。
グレード毎にコンセプトが違うのが特徴で、Touringは、電動技術「e-BOXER」を搭載したスタンダードクラスとなっておりカタログ燃費は18.6km/Lとなっています。

まとめ

エクストレイルは、燃費の悪いというイメージのSUVを払拭し、環境にも優しいe-POWERを搭載した新しいSUVです。
外装のカラーバリエーションも豊富でアウトドアやレジャーだけでなく街乗りにも活躍してくれます。
車は、カタログ燃費ほど実燃費は伸びないことが多いですが、乗り方だけでカタログ燃費に近づけることも可能です。
エクストレイルの購入を検討する際には、燃費だけでなく、魅力や特徴を理解しておくと快適なカーライフを過ごせます。
記事一覧はこちら
  1. 2023年もグッドスピードをよろしくお願いいたします!

    2023年 新年あけましておめでとうございます。
    本年もグッドスピードをよろしくおねがいいたします。

    グループ総在庫台数4,000台超の中から、きっとあなたにピッタリの1台が見つかります!
    人気車種の中古車から登録済未使用車まで幅広くご用意しています。

    ★コロナウィルス感染症対策のため、ご来店予約をいただくと安心です。
    ★リモート商談にも対応しております!ご自宅からも気になる車両があれば商談対応いたします!!

関連記事