BLOG

おすすめ記事

グッドスピード広報

中古車買取の流れを解説!買取店の選定から買取後のトラブル回避のコツ

中古車買取の流れを解説!買取店の選定から買取後のトラブル回避のコツ

中古車 買取 流れ

中古車を売りたい場合、できるだけ高く買い取ってもらう方法やトラブル回避のコツを知りたい方もいるでしょう。
今回は、中古車売却の流れを解説しながら、満足のいく売却のためのコツや注意点をお伝えします。
愛車の売却で後悔しないために、ぜひ最後までお読みください。

目次

中古車の買取・査定前にやるべきことと流れ

①中古車の売却方法を確認
②中古車買取店の選定と査定
③中古車買取査定前にやっておくこと・高く売るコツ

中古車買取店での手続きと入金確認までの流れ

中古車買取店での手続き
中古車の引き渡しと入金確認

中古車買取のトラブルを避けるために

キャンセルはいつまでなら可能か事前に確認
修復歴がある場合は事前にしっかり伝える

まとめ

中古車の買取・査定前にやるべきことと流れ

ここでは、中古車を売却する前にやるべき点を3つ紹介します。

①中古車の売却方法を確認

よりよい売却のためには車をどこで査定するかが重要です。
車を売りたい場合以下の3つの方法があります。
・Webなど個人間でのやりとり
・中古車買取店での売却
・ディーラーでの下取

個人間のやり取りには、顔見知りで売買する以外に、オークションやフリマサイトで買取者を募集する方法があります。
中古車買取店とディーラーでは査定額が異なります。
ただ、中古車買取店の方が車の状態に応じた方法を選び、高値で買い取ってくれるでしょう。
独自の販路があり、車のパーツの買取や売却が可能だからです。
あらかじめどのくらいの査定額になるか把握したい方は、Webサイトの無料診断を利用する方法もありますので
一度チェックしてみてください。

②中古車買取店の選定と査定

実際に「どこの中古車買取店」にするか決める場合は、次のような方法があります。

・知人に聞いたりネットで情報を調べたりする
・実際に店舗(複数)に足を運ぶ
・事故や修復歴・税金や保証に関する話を買取店に聞く
・高価買取の可能性がある買取専門店を選ぶ
 例)SUV⇒SUV専門店、MIN⇒MINI専門店など

「口コミ情報で調べたい」方は、たとえば「ナビクル」でユーザー評価に基づいた「車買取業者の評判ランキング」などで確かめる方法もあります。
ただし、その場合も調べた後に実店舗に必ず足を運んでください。
また、中古車買取店がJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)の適性認可を受けているか確認しましょう。
「適性買取店」は厳しい条件をクリアしているので適性な買取価格を提示してくれます。

③中古車買取査定前にやっておくこと・高く売るコツ

実際の査定前にしておくべき内容をご紹介します。
まず、必要な書類を用意しましょう。
査定前に書類がそろっていれば、査定額が上がる場合があるからです。
また、次の項目を確認してください。

・洗車・車内クリーニング
・純正オプションの用意
・整備記録簿を用意
・残りのローンや車検の確認
・必要書類の準備

査定前に車を整備します。
丁寧に車体を点検し、細かな傷は補修しましょう。
その後はダッシュボードや座席の後ろポケットに忘れ物がないか確認してください。

純正オプションとは、納車の段階で取り付けられているものです。
サンルーフ、本革シートも純正オプションに入ります。
純正オプションがあれば査定額にプラスされることが多いです。

また、整備記録簿は必ず用意します。
高査定価格をねらって修復歴を隠す方がいますが必ずお控えください。
詳しくは「中古車買取のトラブルを避けるために」で解説しますが誠実でない対応はトラブルを誘発するおそれがあります。

ローンが残っている場合、売却額でローン残債を賄えば手続きがスムーズにすみます。
なるべく高く売りたい場合は、中古車販売店に相談しましょう。
ローンが残っている場合の推奨売却方法を教えて貰うことが可能です。

よく車検を残した方が高価買取ができる、と思われておりますが、
実際は車検が数か月しか残っていない場合は、車検切れ直前の方がお得な場合があります。
高額な車検費用が買取価格アップにつながるとは限りません。

必要書類は、査定時にあれば査定後の流れがスムーズに進めることが可能です。
高額買取につながる可能性もあるので、事前に準備しましょう。

中古車買取店での手続きと入金確認までの流れ

ここでは「買取店の選定→査定→売却決定後の手続きや入金の確認まで」の流れを解説します。
注意点もあります。ぜひ通してお読みください。

中古車買取店での手続き

売却・買取が決まったところで早速手続きに入ります。
中古車の売却に必要な書類は次のとおりです。

・車検証(自動車検査証)
・原本自賠責保険証明書
・自動車税納税証明書
・リサイクル券
・印鑑登録証明書
・実印

書類を紛失した場合は、再発行の手続きが必要です。
(車検証の発行はナンバーを管理する陸運支局、自動車賠償責任保険証明書は保険会社、自動車納税証明書は税事務所)
ただ、再発行には数週間かかるので、早めに確かめておくことをおすすめします。
事前に必要書類の有無を確認すれば、査定も滞りなく進みます。
また、引っ越しや名義変更などでも書類が新たに必要となります。
買取店によっては規定用紙があるので、事前に確かめておきましょう。

中古車の引き渡しと入金確認

最終的な引き渡しの際、再度「忘れ物がないか」「ナビ情報は消去されているか」を確かめます。
それが終われば、あとは入金を待つだけです。

およそ2、3日以内の入金ですが、店舗によっては1週間程度かかる場合もあります。
買取店が「〇日後に入金があります」と伝えない場合は、こちらから確認します。
もし予定日になっても入金されなければ、必ず買取店に連絡してください。

入金確認で売却は完了です。
次章で「トラブルの回避方法」を紹介します。

中古車買取のトラブルを避けるために

売却する前から「トラブルなく買取完了まで進めたい」としても、実際は何があるか分かりません。
ここでは予期しないトラブルを回避・解決するための解決策を紹介します。

キャンセルはいつまでなら可能か事前に確認

たとえば、このような場合はどうでしょう。

「A店はスタッフの対応もよく査定額も良心的だったので、売却を決意。
その後、知人から別のB店を紹介され念のため査定してもらったところ高く見積もってくれた。A店での売却をキャンセルしたい」

この場合「キャンセル」できる場合と、できない場合があります。
つまりA店で契約にサインを交わしてなければキャンセルできますが、車と書類が手元にある場合はキャンセルできません。

スムーズに”キャンセル”となればいいのですが、そうなるとも限りません。
「トラブルになりそう」と感じたらJPUC(ジェイパック:一般社団法人日本自動車購入協会)に相談するといいでしょう。

JPUCは、急速に発展する中古車業界の健全化を進めるために2014年に設立されました。
中古車販売・買取店の適正化を図るとともに、売却に関する消費者の相談もおこなっています。

前述したトラブルでは、契約済みとはいえ車と書類が手元にある場合、実際の損害発生とは考えにくいため、キャンセル料の内訳などを買取店に確認する必要があります。

ただ、やはり”契約”を締結する前に内容を確かめるのは重要です。
「契約の成立時期」「契約の解除」「キャンセル料」などはとくに読み込み、不明点がある場合は、契約前に店舗に確かめましょう。

修復歴がある場合は事前にしっかり伝える

修復歴がある場合は必ず伝えましょう。
車を査定する際の重要なポイントは「修復歴の有無」です。

買取店も「修復歴車の見分け方」を徹底して学びます。
もしあなたが、事故・修復歴を知っているにもかかわらず申告しなかった場合、どうなるでしょうか。
後日買取店が「事後減額要求」ができる仕組みになっています。
瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)に問われる場合がありますので、正直に申告しましょう。

まとめ

中古車の売却・買取の流れを事前に把握するのは、スムーズな中古車の売却をするために重要です。
準備や注意点を把握しておけば、万が一のトラブルを回避できます。
買取店と気持ちの良い取引をするためにも、流れをきちんと理解し、確認しながら売却することをおすすめします。
困った場合はJPUCの相談窓口を利用しましょう。

 

グッドスピードでは買取情報を取り扱うメディアに多数掲載されております。
是非チェックしてみてください。
・車・自動車に関するお役立ち情報を発信するWebメディア「カーライゼーション
名古屋市のおすすめ車買取サービス
岐阜県のおすすめ車買取サービス
carhack
voiture
愛車の買取査定
愛知県愛知県静岡県名古屋市豊橋市

  1. 夏が楽しみ!ウキウキセール!!

    夏が楽しみ!ウキウキセール!!
    期間: 2022/07/01~2022/07/31

    グループ総在庫台数3,000台超の中から、きっとあなたにピッタリの1台が見つかります!
    人気車種の中古車から登録済未使用車まで幅広くご用意しています。

    ★コロナウィルス感染症対策のため、ご来店予約をいただくと安心です。
    ★リモート商談にも対応しております!ご自宅からも気になる車両があれば商談対応いたします!!

関連記事