BLOG

おすすめ記事

グッドスピード

快適装備と都会派デザインがおすすめ!トヨタの人気SUVハリアー

SUV専門店のGOOD SPEEDでは、人気のハリアーも比較的安い価格で購入できます。おすすめの中古車も多数紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ざっくり言うと

ハリアーはどんな車?

  • 世界中で売れている高級SUV

ハリアーの変遷からグレード別の特徴まで

  • 初代(1997年~2003年)
  • 2代目(2003年~2013年)
  • 3代目(2013年~2020年)
  • 4代目(2020年~)

ハリアーのスペック

  • ハリアーの基本情報

こんな方におすすめ!

  • 街乗りからロングドライブまで幅広い用途に使いたい方
  • 洗練されたデザインや快適性を重視する方

ハリアーのライバル車はこれ!

  • トヨタ RAV4
  • ホンダ CR-V
  • 日産 エクストレイル

ハリアーはどんな車?

世界中で売れている高級SUV

「ハリアー」は1997年にデビューしたトヨタの中型SUVです。発売当初から高級感を重視したデザインが注目を集め、3度のモデルチェンジを重ねた今でも世界中から支持を集めています。

車名の由来はタカ科の鳥「チョウヒ(英名:HARRIER)」で、ハリアー特有のエンブレムはチョウヒをモチーフにしています。

派手すぎない落ち着いた風格を醸し出すスタイリングが特徴的で、普段使いからお出かけまで幅広いシーンで使えます。室内も大人5人で移動するのに十分な広さがあり、快適装備も充実しています。4代目となる現行モデルではトヨタの運転支援システム「Toyota Safety Sense」を標準装備し、安全面が強化されました。

大型エンジンと電気モーターを組み合わせたパワフルな「ハリアーハイブリッド」のほか、ターボチャージャーやパフォーマンスダンパーを搭載したモデルもあり、走りを重視する方にもおすすめできるSUVです。

ハリアーの変遷からグレード別の特徴まで

初代(1997年~2003年)

ハリアーは「高級セダンの乗り心地と快適性を兼ね備えたクロスオーバーSUV」として開発され、1997年に初代モデルが登場しました。頑丈で実用性重視の車というSUVに対する当時のイメージに反し、高級感を重視したハリアーは世界的に注目を集めました。今に続く「高級SUV」は、ハリアーが開拓したジャンルなのです。

エンジンは3.0Lと2.2L(2000年以降は2.4Lに変更)の2種類が用意され、3.0L仕様では最高出力162kW/5800rpm、最大トルク304Nm/4400rpmを発揮。燃料タンクも今となっては珍しい75Lもの容量が確保され、ロングドライブにも向いています。海外ではレクサスブランドから「RX」として販売されていました。

20年近く前のモデルですが、この時代ならではの大らかなスタイリングが好きでたまらないという方も多いのではないでしょうか。

2代目(2003年~2013年)

2003年に発売された2代目ハリアーは、初代モデルの高級感をさらに洗練させ、ハイブリッド仕様も別モデルとして設定されました。空力特性にも配慮したボディデザインは、今見ても古臭さを感じさせません。

また、乗員の負傷を軽減する「プリクラッシュセーフティシステム」を市販車としては世界で初めて採用した点も特徴です。ミリ波レーダーで前方の障害物を検知し、衝突直前に運転席と助手席のシートベルトを瞬時に巻き取るというもの。自動ブレーキなどは装着されていませんが、現在の先進安全装備の先駆けと言えるでしょう。

上位モデルにはエアサスペンションが採用され、乗り心地を向上。2005年に登場した「ハリアーハイブリッド」は、3.5L V6エンジンに電気モーターを2基(フロントとリア)組み合わせ、高い加速力を実現しています。

3代目(2013年~2020年)

2度目のモデルチェンジによりデザインを一新したハリアーは、現代的でスマートな印象を強め、都市型SUVとしての地位を固めました。落ち着いたプロポーションはそのままに、リアウィンドウを大きく傾斜させる(寝かせる)ことでクーペのようなスタイリングを実現。スポーティーな要素を加えたことで、幅広い層からの人気を得ました。

2.0Lガソリン、2.5Lハイブリッドのほか、2017年以降には2.0Lガソリンターボが設定されました。ターボ車にはボディ剛性を高めるパフォーマンスダンパーや専用ホイールを装備するなど、走り重視の攻めた仕様となっています。

4代目の発売と同時に販売終了しましたが、デザインだけでなく走行性能の面でもまだまだ十分に通用するモデルと言えるでしょう。

4代目(2020年~)

3代目のクーペスタイルに磨きをかけ、より洗練された精悍なデザインとなった現行モデル。海外でも「ヴェンザ」の名で発売されています。トヨタ最新のプラットフォーム「TNGA」を採用し、乗り心地や旋回性能など走りの面でも大きな進化を遂げています。安全・運転支援システムとして最新の「Toyota Safety Sense」を標準装備。

現行モデルのグレード構成は大きく分けて「S」「G」「Z」の3種類で、それぞれに2WDと4WD、ガソリンとハイブリッドが用意されています。

  • Sグレード
    エントリーモデルのSは、2WDのガソリン車で2,990,000円から、ハイブリッドで3,580,000円から。17インチのアルミホイール、LEDヘッドランプ、インテリジェントクリアランスソナー、4.2インチのディスプレイ付きメーターなどを標準装備。シート表皮はファブリック(布製)となっています。
  • Gグレード
    Sの装備に加えて、18インチのアルミホイール、アダプティブハイビーム、運転席と助手席の電動ランバーサポートなどを採用。インテリアにイルミネーションを追加するなど、高級感を高めた仕様となっています。メーターのディスプレイに7.0インチに大型化。オプションの「Leather Package」ではレザーシート、シートヒーター、シートベンチレーター(シートクーラー)、ステアリングヒーターなど快適装備が追加されます。
  • Zグレード
    最上位のZグレードでは、Gの装備内容に加えて19インチのアルミホイール、カラーヘッドアップディスプレイ、JBLプレミアムサウンドシステムが採用されています。安全装備としてもブラインドスポットモニターやリアクロストラフィックオートブレーキが標準で搭載されています。「Leather Package」もオプションとして選ぶことができます。

価格を重視するならSグレード、快適性を重視するならGグレード、充実した装備内容を求めるならZグレードがおすすめです。

ハリアーのスペック

※表は横にスクロールできます。PCをお使いの方は以下の方法にてご確認ください。
・shiftボタンを推しながらマウスのホイールを回す
・表の上で一度クリックをした後、右矢印ボタンでスクロールさせる

基本情報 対象 値段 燃費 スペース 小回り 実績 走り 安全性
車名    画像    対象 新車価格 GOOD SPEEDなら 燃費(カタログ) ハイブリッド 燃料タンク容量 航続可能距離 定員(人数) ドア数 スライドドア シート列数 ボディサイズ(縦・幅・高さ) 室内寸法(縦・幅・高さ) 室内容量 フラットスペース 最小回転半径 2020年6-10月販売実績 駆動方式 ミッション 最高出力(kW / rpm) 最大トルク(N / rpm) 車両重量 アラート機能 安全機能 駐車サポート ボディの安全性 車内の安全性
トヨタ ハリアー
在庫と価格
・タフなデザインが好きな方
・燃費を重視する方
¥2,990,000~ 在庫と価格 27.4km/L ハイブリッド 55L 1507km 5名 5ドア 2列 4740×1855×1660 1880×1520×1215 3.471㎥ ラゲージスペースから後部座席 5.5m 13,770台 2WD / 4WD CVT 131 / 5,700 0.0229 221 / 5200 0.0425 1530KG ・標識認識機能
・車線逸脱警報機能
・衝突警報機能
・先行車発進お知らせ機能
・オートマチックハイビーム
・プリクラッシュセーフティ
・レーントレーシングアシスト
・レーダークルーズコントロール
・パーキングサポートブレーキ
・パノラミックビューモニター
・歩行者傷害軽減ボディ ・SRSエアバッグ(運転席&助手席、サイド、ニー、カーテン)
・頭部衝撃軽減構造インテリア

参照・画像引用:
日本自動車販売協会連合会HP
ハリアー公式HP

こんな方におすすめ!

街乗りからロングドライブまで幅広い用途に使いたい方

中型SUVのハリアーは、街中でも扱いやすいサイズ感とロングドライブに十分な室内スペースや快適性を兼ね備えた万能選手と言えるでしょう。本格的なスポーツ走行やオフロードでの使用にはあまり向いていませんが、「通勤や買い物、ドライブなどいろいろな目的に使える車を探している」「家族でドライブに行きたい」という方におすすめです。

ボディサイズや室内スペースは世代による大きな差はありませんが、力強い加速力やスポーティーな要素を求めるのであれば2代目で登場したハリアーハイブリッド(2005年~2013年)や3代目の2.0Lターボ車(2017年~2020年)をチェックしてみてはいかがでしょうか。

洗練されたデザインや快適性を重視する方

車選びでは見た目を重視する方も多いのではないでしょうか。ハリアーの上質で落ち着いたデザインは、初代から最新モデルまで伝統的に引き継がれていますが、丸みのあるふくよかなデザインが好きなら初代・2代目、シャープで精悍なデザインが好きなら3代目・4代目をおすすめしたいところです。

また、2代目では3.0Lの最上位グレード(2006年以降は3.5L)にエアサスペンションが採用されています。2代目のデザインが好きで、価格と乗り心地を優先したいのであればチェックしてみるといいかもしれません。

「大切な人を乗せるから安全面も重視したい」という方は、できるだけ年式の新しいモデルを選びましょう。3代目からは先進的な運転支援システムも採用され始めていますが、特に2017年6月のマイナーチェンジで安全機能を強化した「Toyota Safety Sense P」を標準装備するようになりました。

SUV専門店のGOOD SPEEDなら、中古車や新古車の在庫が豊富で、すぐに納車することができます。ハリアーの在庫状況は以下よりご確認頂けます。在庫一覧

ハリアーのライバル車はこれ!

現在、SUVという大きなカテゴリーそのものに人気が集まっていることもあり、国内外のさまざまなメーカーから非常に多くのモデルが発売されています。中型で高級志向のハリアーにもライバルとなる車が数多く存在しますが、その中から特に比較されやすいであろうモデルを3台ご紹介します。

トヨタ RAV4

ハリアーにとって強力なライバルの1つが、同じトヨタ車の新型「RAV4」です。この2台は基本骨格を共有し、ほぼ同時並行で開発された兄弟車なのです。サイズ(全長4600mm×全幅1855mm×全高1685mm)もほぼ同じですから、この2台で悩まれる方も多いかもしれません。しかし、見た目や性格はまったく異なります。

現行モデルのRAV4は2018年に登場し、SUVの原点に回帰したタフなルックスと悪路走破性を備え、大ヒットとなりました。視界は良好でドライバーが疲れにくく、乗り降りしやすいのもうれしいポイントです。

RAV4の荷室容量は580Lと大容量。そのため、たくさんの荷物を積んでお出かけすることも可能です。また、床面の高さを2段階で調節することができ、荷物の大きさや種類に合わせることができます。裏面は樹脂製のため、反転させれば雪や泥などで汚れた荷物も気兼ねなく収納できます。

ハリアーは都会派、RAV4はアクティブ派といったところでしょうか。自身のライフスタイルに合わせて選ぶといいでしょう。

人気車種のRAV4ですが、GOOD SPEEDなら、中古車や新古車の在庫が豊富で、すぐに納車することができます。在庫状況は以下よりご確認頂けます。 在庫一覧

ホンダ CR-V

北米市場では圧倒的な人気を誇るホンダの中型SUV「CR-V」。5代目となる新型では熟成を重ねており、エンジンは1.5LのVTECターボと2.0Lのハイブリッドの2本立て。SUVらしい力強さと、洗練された都会的なデザインを併せ持つCR-Vはハリアーに引けを取らない存在感を放ちます。

ボディサイズは全長4605mm×全幅1855mm×全高1680mm。室内容量はハリアーより広い3.755㎥となっています。

ガソリンターボ車には3列シートの設定もあり、大人数でのお出かけにもぴったり。ハイブリッドモデルは2.0Lエンジンながら、クラストップの低燃費と3.0L並のトルクを誇り、山道も余裕で走り抜けます。車速に対してリニアにエンジン回転が上がるように設定されており、走り出しからワインディング、高速領域までストレスフリーの走りを楽しむことができます。

SUV専門店GOOD SPEEDでは、中古車や新古車のCR-Vを激安価格で提供しています。在庫状況は以下よりご確認頂けます。 在庫一覧

日産 エクストレイル

2013年に登場した現行モデルの日産「エクストレイル」は、街乗りからアウトドアまで幅広いシーンに対応するSUVです。2列5人乗りと3列7人乗りのバージョンがあり、大人数での移動も可能。曲線基調の洗練されたデザインに惹かれる方も多いのではないでしょうか。ハイブリッド車とガソリン車の2種類がありますが、走りを求めるならトルクのあるハイブリッドがおすすめです。

現行モデルは発売から年数が経過していますが、その分熟成度が高く、スタイリングや乗り心地、走りにおいてハリアーにも劣りません。室内容量は3.908㎡と圧倒的な広さを誇ります。

エクストレイルは車高の高いSUVですが、シャシー制御や4輪制御(4WD車のみ)により、コーナリングでの安定性を向上させています。ハイブリッド車ではエンジンとモーターをシーンに応じて的確に使い分け、燃費と走りの楽しさを両立。一方のガソリン車は重量が軽いため、軽快な走りを見せてくれます。最低地上高(地面とボディ下部の距離)も200~205mm確保しているため、多少荒れた路面でも安心して走行できます。

SUV専門店GOOD SPEEDでは、中古車や新古車のエクストレイルを激安価格で提供しています。在庫状況は以下よりご確認頂けます。 在庫一覧

まとめ

こちらの記事ではトヨタの人気SUV「ハリアー」を紹介してきました。

  • 「高級SUV」のジャンルを開拓した先駆的なモデル
  • 都会的で落ち着いたスタイリングと上質な乗り心地
  • 年式の新しいモデルでは安全装備も充実

以上の点からさまざまな用途に使えるSUVとして幅広い層の方におすすめできるモデルです。歴代モデルの変遷やライバル車なども参考にしながら、ご自身にピッタリの車を探してくださいね。

SUVを買うならGOOD SPEEDにすべき5つの理由

  • その1:SUV専門店だから仕入れ力が違います!格安でSUVを購入できる
  • その2:修復歴車は一切なし
  • その3:圧倒的在庫数!たくさんの中古車の中から車を選べます
  • その4:整備やメンテナンスが強い!ご購入頂いたあともお手入れをさせて頂きます
  • その5:店舗にキッズスペースがあるので、お子さんと一緒に来店しやすい

お近くの店舗で是非お待ちしております! 店舗検索

  1. グッドスピード新生活応援セール!

    グッドスピード全店で「新生活応援セール」開催中!!
    総在庫台数2,700台超の中から、きっとあなたにピッタリの1台が見つかります!

    『グッドスピードはクルマから始める新生活を応援します!』

    ご紹介などでさらにお得なキャンペーンも実施していますので、
    詳しくはスタッフまでお問い合わせください!!

    ★リモート商談にも対応しております!ご自宅からも気になる車両があれば商談対応いたします!!

関連記事