BLOG

納車前・修理状況

グッドスピード広報

MINIパワステポンプ交換   クロちゃん

今日はR50MINIでは定番のパワステポンプの交換を紹介します。

症状としては、全く効かなくなったり、1時間くらい走行した時に時々効かなくなったりと、様々です。

全く効かないかと思いきや、エンジンを一度OFFにし、再始動したら正常に作動したりもします。

こういった症状はポンプの交換で大方治ります。

まず、ポンプが何処についているかというと、エンジンルームの奥の、パワステオイルのリザーブタンクから

下へ真っすぐ出ているホースの先にあります。

下から見たらこんな感じです。

ポンプの下にポンプを冷やす為の、クーリングファンがあるので外します。

次にポンプを外します。

ポンプにくっついているホース2本と配線(カプラー)2本とポンプを固定している3本のボルトを外します。

ホースを外すとパワステオイルが出てくるので注意です。

後は知恵の輪的な感じで上手く下へ引き抜きます。

外れました。

外から見ても分からないですが内部のECU不良で重ステになるみたいです。

後は組み込みをしてフルードを補充して必ず左右目一杯までタイヤをフリーの状態で切り込みそれを何度か行いエアー抜きとギアまでのフルード補填をして作業の方は終了です。

またその後試乗をして再度オイル漏れの確認等を行って終了です。

今回はポンプの新品交換でしたので、部品代が約10万円で工賃が13650円です。

あと、パワステオイルが抜けてしまうので補充とホースを止めるバンドの費用がかかってきます。

合計で約12万円位です。

  1. 年に一度の衝撃プライス!夏の決算セール!!

    年に一度の衝撃プライス!夏の決算セール!!
    人気車種が勢揃い!在庫数約2,700台からあなたにぴったりの1台をぜひこの機会にお探しください。
    自宅にいながら商談可能な「オンライン商談」にも対応しています!

関連記事